顔に枕の跡がつく顔の寝癖を防ぐために

気持ちの良い朝を迎えて鏡を見たら、顔に枕の跡がついていて、なかなか消えないという事態に遭遇すると、気持ち的に残念な気分になります。
これは顔の寝癖ともいえる状態であり、寝ている間に肌がダメージを受けているシグナルです。
枕が高すぎたり、うつ伏せで寝ていたり、寝返りを打たないまま朝を迎えたりと、寝方が原因であることが考えられます。
寝方に原因があるとしても、真皮層にコラーゲンがたっぷりある肌の場合であれば、顔には寝癖はあまりつきません。
肌老化のサインでもあるのが顔の寝癖であり、日頃から顔の寝癖を防ぐようにすることです。
就寝時に顔に寝癖をつけないためにも、たっぷりのうるおいを肌に補給してから、ベッドに入るようにします。
ほうれい線や小じわを発見したら、ホットタオルで肌を柔らかくして、スペシャルコスメを使う応急処置もすることです。
枕カバーはゴワゴワしたものではなく、細かいガーゼやシルク素材に変えたり、柔らかいタオルに変えると、寝返りをしやすくなります。